浦メシ屋奇談

近頃じっくり腰を据えて居続けられるところはないか、と探すようになった。メシ屋だか呑み屋だか、この裏に節操なく何でも出てくる店を見つけた。地に足の付かない、あれこれ。浦メ シ屋~っ!

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

スターダストは、俺のもの。

世の中で一番多く演奏され、聴かれる曲は何か?という話しを以前に読んだことがある。それは「White Christmas」なんだそうだ。
確かにクリスマス近く、12月に入ると世界中で、TVやラジオの放送からさらにコンサートやライブはもちろん、デパートや商店街のBGMまで含めて四六時中耳にする。たった1ヶ月弱でその回数たるや夥しい数であることは確かである。
それには叶わないかも知れないが、ジャズ(スイング)に関わっている者からみると、年間を通じて演奏する機会の多い曲と言うと、「Stardust」ではないだろうか。コンサートやライブ、特にラウンジなどでの演奏やヴォーカルには必ずといっていいくらい入れる。CDにも然りである。
こうしょっちゅう演奏されるということは、誰もが知っているし、また好きだということだろう。ジャズに限らずポップスの歌い手も、いや美空ひばりもシャープス&フラッツをバックに歌っている(「ナット・キング・コールをしのんでひばりジャズを歌う」)。これがまたいい。ここまでくると、ジャズもポップスも、演歌もないらしい。
作曲したホーギー・カーマイケル(1899~1981年)が、母校のインディアナ大学の構内で懐かしい学生生活やかつての恋人ドロシー・ケイトのことなどを想い出しながら星空を眺めていて、無意識なうちにあのメロディーを口笛で吹いていたとか。その音の流れに自ら感激したのでしょう、その場でメモって近くのカフェのピアノを借りて仕上げたんだそうだ。但しその時の曲名が「Barnyard Shuffle」(納屋の庭シャッフル)。シャッフルというから、テンポの速いラグタイムの曲として書かれたらしい。
その後「Stardust」と改名され、さらにミッチェル・パリッシュによって歌詞が付けられたりして、自分でも演奏し、他のプレイヤーも手がけたが長いこと鳴かず飛ばずで、1941年クラリネットのアーティー・ショーがスローテンポで吹き込み大ヒットを飛ばした。以後この「Stardust」はスローな曲として一般的になったという。
ヴァース(序奏部)もコーラス(テーマ部)もロマンチックで、そのタイトル通り夜空に広がる、まさに大小さまざま満天の星のきらめきそのものである。ジャンルを超えて、誰もが好きになる要素を備えている。
Stardust
その昔、日曜夕方6時半から「シャボン玉ホリデー」(1961~1972年日本テレビ)というバラエティー番組があって、そのエンディングにクレイジーキャッツのハナ肇が絡みながらザ・ピーナッツがその「Stardust」を歌う。
歌い終わってカメラがパン・アップ(上へ)して街灯越しにギターを弾く男のシルエット(犬塚 弘)があり、ギターでの「Stardust」が流れる(このギターはロス・インディオス・タバハラスだったそうだ)。
このエンディングがたまらなくよかった。この「Stardust」を聴くと日曜の終わりをつくづく思い知らされ、何ともいえない寂寥感がこみ上げてきたことを憶えている。

同じ頃、NET(現テレビ朝日)に♪ララミー!ララミー!♪で始まる「ララミー牧場」(1960~1963年)という大人気の西部劇があった。主役の二枚目ロバート・フラーの人気は凄まじかった。
この「ララミー牧場」にホーギー・カーマイケルが爺さん役で出演していた。しかし、当時はそんなことは夢にも思わず「ララミー牧場」を観ていた。残念だった。
残念といえば、これも後になって知ったことだが、ホーギー・カーマイケルが来日した時、宿泊先の帝国ホテルで「シャボン玉ホリデー」を観て、エンディングの「Stardust」に驚いて番組に興味を持ったことから、出演することになったという。
そこで1961年11月26日の「シャボン玉ホリデー」に特別出演したんだそうだ。これを観ていないのは返す返すも残念である。
ホーギー・カーマイケルといえば「Stardust」に限らず、「Georgia On My Mind」(我が心のジョージア)、「Rockin’ Chair」、「Skylark」などヒット曲を幾つも書いて、印税だけでも大変な稼ぎであったろうに、まだ役者で稼ごうとしていたんだろうか。よほど役者が好きだったに違いない。

Jazzy Fake Tales①
ホーギー・カーマイケルが「ララミー牧場」の撮影を終えて、
暮れなずむ牧場のハウスの入り口でロッキング・チェアーを揺すりながら
うまそうにパイプをくゆらせて満天の星空を眺めていた。
それを見た流れ者ジェス・ハーパー役のロバート・フラーが、
「さすが、カーマイケルさん!
そうやっている姿はさすが様になってますねぇ!
風景に溶け込んで、まるで誂えたようだ!」と感心すると、
「うん、そうねぇ‥まぁ“ロッキング・チェア”も“スターダスト”も
俺のモンだからね!」

ウディ・アレンの映画に「ギター弾きの恋」(1999年、原題「Sweet & Lowdown」)というのがある。
ジャンゴ・ラインハルトが一番で、自分は二番目だと豪語する架空の天才的なギターリスト エメット・レイ(ショーン・ペン)の破滅的な恋と半生を描いた映画である。
この主人公エメット・レイのギターがまた滅茶苦茶いい。実際の演奏はハワード・アルデンだから良くないわけがないのだが、またエメット・レイに扮するショーン・ペンのギターの弾き方が実にいい。
そして終始演奏やバックに流れるナンバーが古いところのスタンダード物がぞろぞろでこれまた垂涎物である。まさにジャズ好きなウディ・アレンらしい懲りようで、細かい演出である。
細かい演出と言えば、この天才的なギターリスト エメット・レイには盗癖があるという設定がまた面白い。友人の家でちょいと灰皿を失敬して懐に入れ、外へ出て捨ててしまうというように必要があって盗むというのではない。(だから盗癖なのである)
映画の中でジャズ評論家のナット・ヘンホフ(実名出演)が、「ホーギー・カーマイケルはエメットに目覚まし時計を盗まれた!」と言っている。そんな虚構と実際との境が分からないような洒落心がウディ・アレンの面白さと言えよう。
WOODY ALLEN
Jazzy Fake Tales②
ホーギー・カーマイケルが毎晩演奏時間に遅れて来るので、クラブのマネージャーが━
「カーマイケルさんは、どうして毎日遅刻をするんでしょうか?」
とメンバーの一人に聞くと、
「あれ?キミ、映画の“ギター弾きの恋”、観てないの!?
あの映画ん中で盗癖のあるギターのエメット・レイ(ショーン・ペン)に目覚まし時計を盗まれたんだよ!
ヤツはそれから時間が分からなくなったんだ!」

Jazzy Fake Tales③
ホーギー・カーマイケルがあまり遅刻をするもんだから、クラブのオーナーが一つ時計をプレゼントしようと、 今後のこともあるからと街の時計屋の特別ショーケースの中にある200ドルもする腕時計をプレゼントした。
ところが時計をプレゼントした次の日も、やはりいつものように30分も遅刻した。
「カーマイケルさん、どうしました?左手に昨日プレゼントした時計着けてるじゃないですか!
それでも遅刻ですか!?」
「いやあ、あまりにも素晴らしい時計なんで、一日中眺めていても飽きないんだ!
腕に嵌めたり外したりしてじっくり眺めていたら、時間を見るのを忘れていた!」

ホーギー・カーマイケルは、「Stardust」にしても「ララミー牧場」にしても、遠い昔とはいえ自分の生活の中のシーンに生きていたから、特別な想いがして堪らない。
特に「Stardust」は中学時代、故郷の天竜川の辺で夕焼けの中にキラリと光る宵の明星を見ながら、トランペットで吹いたことが忘れられない。
(写真上:Stardustの演奏ばかりを収めた「Stardust」ユニバーサル クラシック&ジャズUCCU-1029)
(写真下:クラリネット・プレイヤー ウッディ・アレンのCD「WILD MAN BLUES」。BMGジャパンBVCJ- 31009 「ギター弾きの恋」とは関係ありません。)
スポンサーサイト

| Jazzy Fake Tales | 10:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

フェイクする、密かな楽しみ。

ジャズの面白さの一つに「フェイク」(fake)がある。ジャズでいう「フェイク」というのはメロディーをほんの少し崩すことで、もともとのメロディーがシャレっぽくかっこよくなる。
フェイクもアドリブ(即興演奏)の範疇らしいが、このほんの少しというところがミソで、メロディーラインが分からないほどに崩してしまっては、それはもう完全なアドリブになってしまう。
音の高く張るところを少しずらしてみたり、伸ばすところを小刻みに抑揚を付けたり、装飾音を入れて印象付けたり‥かといってやり過ぎると元々のメロディーのよさを無くしてしまうは、クサくなるはで聴いていられなくなる。
上手いプレイヤーはメロディーのよさを生かして存分に聴かせておいて、サラッとフェイクする。これがまた憎らしくいい。
このフェイクはジャズだけのことではない(らしい)。演歌やポップスでも長いこと歌っている、ヒットのある歌い手は、昔の歌い方と少し変えて歌っているのを聴くことがある。この間も尾崎紀世彦が往年のヒット曲「また逢う日まで」(1971年)を歌うのをTVで観た。1箇所昔と違う歌い方、フェイクしていた。
Fakelogo
「fake」を辞書で引くと、「でっち上げる」「見てくれをよくする」とか、「ふりをする」などが出てくる。オリジナルのメロディー(作曲家)からすればまさに誤魔化しのでっちあげであるが、プレイヤーそれぞれかっこよく演奏しているのである。聴いている我々にとっても事実調子もよくノッてくる。
長いことジャズを楽しんでいて、あのフェイクのノリを自分でも楽しめないものだろうか、とふと思ったりしたものだ。もちろん楽器を操るわけでもなく、歌をなぐさむわけでもない。もともとジャズ同様落語が好きだから、言葉を使ってフェイク遊びをしようかとあれこれと頭を巡らせてみた。

●板さん、刺激物を止められているんで済まないが
そのトロ、サビ抜きで握ってくれないか!
○おいおい!お前それでも江戸っ子かぁ!?サビ抜きの鮨なんぞよく食えるなぁ!
おう!板さん、オレにはシャリ抜きでサビ握ってくれ!
●えっ!?おい、止しなよ!身体によくないよ!
○何言ってやんでぇ!おっ!できたか、ありがてぇ!
‥‥お!うっ!はぁ~っ!う~んっ!ゴクッ!あぁ~、いやぁ~っ、はぁ~旨かった!
幾らだい?えっ?安いねぇ!!マジかい!?
△へぇ~、シャレ抜きでぇ!

そんな時、鮨屋でサビ抜きの鮨を頼んでる人を見て、こんな小噺を思いついた。
当時広告制作の仕事をしていて、担当していたお鮨屋さん関係の団体のラジオCMに全5本揃えて、昨年亡くなった5代目三遊亭円楽(2009/10/29没)に演ってもらったことを想い出す。ずい分前の話である。
話を元に戻すと━そう、言葉でのフェイク遊びとは、こんなシャレた小噺を創って楽しむこととみた。そして暇を見つけてはあれこれと捻り回して、創り続けた。良し悪しはともかく、その数100は下らないだろう。しかしこうしてみると、半分以上がジャズに関わる小噺である。
かつての名プレイヤーや名作曲家のこと。名曲のこと。さらに演奏のことなど、無い事無い事(?)を本当にありそうなエピソード小噺に仕上げた。
もちろん現存する日本人プレイヤーも登場する。知り合いのプレイヤーと話していてネタになりそうなことはメモッておき、後で噺に仕立てる。大好きなジャズを弄り回して‥こんな面白いことはない。いずれまとめようと思っている。名づけて「Jazzy Fake Tales」。「ジャズ冗句集」とでも言おうか━
実は当ブログの中の「エストレリータに会いたい‥」も、それぞれのプレイヤーが演奏するエストレリータとは一体どんな女性かを、微に入り細に入り追いかけてみたくなり、フェイクしたものである。本当はプレイヤーとその演奏の細密な観察を元に、もっと詳しく興味深く書きたかったのだが長くなり過ぎそうなことと、その前にちょっと力不足のためにそこまでには至らなかったのである。いずれ徹底的に書いてみたいと思っている。

ある時ベニー・グッドマンが、街角のカフェで他のメンバーを待ちながらピアノのテディ・ウィルソンとコーヒーを飲んでいると、10歳位の大人しそうな男の子を連れた品のいい女性がすっと近づいてきて━
「あのー、グッドマンさん!すみませんが、この子に “Memories Of You” を5ドル分だけ聴かせてやってくれませんか!」
「5ドル分とはまた中途半端ですが、どうしてですか?」とグッドマンが聞くと、
「実はこの子は12歳にもなるのに、女の子にまったく興味を示さないんですのよ!
そこで恋を教えてやりたいと思うんですが、完璧な恋を教えるには少々早すぎるような気がするものですから、ほんの触りだけ━
でも触りだけとはいえ、やはり素敵な恋でなくっちゃ!ねぇ!・・・」
B.G.切手

ボーカルのマリア・エヴァがクラリネットの鈴木直樹&Swing Aceをバックに、ライブで歌っていた。ステージの合間に客に一杯ご馳走になり、その客のリクエストで「Tennessee Waltz」を歌った。
ワンコーラス目が終わったところでギターの蓮見芳男が悪戯心で、ワルツを突然フォービートに変えてしまった。
それまで目を閉じ酔いしれながら歌っていたエヴァがキッと目を見開き、指を鳴らしながら歌い出し、スキャットを混ぜながら見事に歌い切った。
大喝采の後、マリア・エヴァは客のテーブルの上のヘネシー・ウイスキーを横目で見ながら、
「テネシー・ワルツが少し酔っ払ってヘネシー・ワルツに、そしてさらに心地良くヘネシー・ブルースに━。
歌もお酒も、いいモノはどうやってもいい気分に酔えますね。」

と、こんなFake Talesはいかがだろう。
こんなことを年中考えていると、暇をもてあますことなどまずない。何かネタになるようなことはないか、あちこちをそれとなく注意深く見詰めまわし、何か面白そうなきっかけを見つけると、こんどはどう料理しようかと思案する。
ライブやコンサートに行っても、CDのライナーノーツを読んでも、楽器を抱えて電車に乗ってるミュージシャンを見ても…何か面白くならないかとどうしても物事を斜に眺めてしまう。そういった意味からも、ジャズには曲ばかりでなくさまざまな側面があって興味が尽きない。
そうして捻り出した作品(?)を時々引っ張り出して、グッドマンやジャック・ティーガーデン、あるいはジョージ・ルイスを聴きながら、一人ほくそえむのである。まあ、マスターベーションとでも言おうか‥
ただ面白いのは、そういう注意力を注ぎながら物事を観たり聴いたりしていると、意外なことに気が付いたり、新たな深い想いに入ったりして、益々楽しくなる。私にとってはジャズは音我苦(?)、気になり楽しく苦になって仕方がない。
そんな密かな楽しみの成果を、これから折を見ては少しづつここへ出してようと思う。(敬称略)

| Jazzy Fake Tales | 10:41 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。