浦メシ屋奇談

近頃じっくり腰を据えて居続けられるところはないか、と探すようになった。メシ屋だか呑み屋だか、この裏に節操なく何でも出てくる店を見つけた。地に足の付かない、あれこれ。浦メ シ屋~っ!

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

遠くを聴く‥

これもきっと歳のなせる業、とでもいうのだろうか。
大好きな音楽の、ジャズの聴き方というか、接し方が変わってきた。

つい何年か前までは、好きで好きでしょうがない、という聴き方をしていた。
だからライブでもコンサートでも、あの人の演奏を、あのメンバー編成の演奏を聴きに行く、という意識で出かけていたようだ。
ところが最近ふと、何か気分が違うことに気が付いた。あのライブを聴かなくてはとか、聴いておこう、などという前のめりの気分がないのである。
とはいえ今までのようにライブやコンサートにはやはり顔を出すのだが、気分的にはあの演奏の聴けるところへ行こう、なのである。
この微妙な違いがお分かりいただけるかいささか疑問だが…だから歳のなせる業としかいいようがないのだが━

ただいえることは、好きで好きでいた時より、気分は穏やかだが積極的に聴きにいったり、音源を求めたりしていることは確かである。
そして生演奏にしてもCDにしても、楽しむ術をやっと知ったような気がするのである。
遅い。そう相当な晩生なのである。だから改めて聴きなおしたり、味わったり、いろいろと楽しみの挑戦をしてみたいのである。
幸いにして回りに素晴らしいミュージシャンがたくさんいる。
その一人一人を思い浮かべながら、我が楽しみを極めてみたいと思う今日この頃なのである。

3月10日。「花岡詠二プレゼンツ“第12回ジミー時田メモリアル『ヘンリー矢板ディキシーブルースを歌う』”」
花岡詠二プレゼンツ 第12回ジミー時田メモリアル

今年はいつになくこの日が楽しみだった。
というのは、前述のようにこのところジャズへの接し方が変わると同時に、ニューオーリンズ・スタイルに一層魅かれるようになってきたのである。
50年ほど前、水道橋の神田川の辺の今は無き「Swing」へ通い詰め、一人何時間も聴いていたそのわけが、今分かってきたような気がするのである。
(今頃分かってきた、というのはどういうことであるか、自分でも分からない。遅い。やはり遅い。)
が、我が身の晩生への総括はまた別の機会にして、3月10日のカントリー・コンサートがいかに楽しみだったかというと━

私は取り立ててカントリーが好きではなかった。というより関心も無かった。
12年前、ジミー時田が亡くなって(2000年3月10日)、翌年からクラリネットの花岡詠二が前述表題のようなコンサートを始めた。
もともとカントリーに興味は無かったが、花岡詠二がディキシー・グループとカントリー・グループを合わせてのコンサートというのにそそられて出かけた。

これがとてつもなく面白かった。
アメリカの移民の歴史、音楽の歴史、ブルースやジャズとの接点、それにともなう広がる音楽地図…
ニューオーリンズと違う土の匂いを、懐かしさを知った。
自らジミー時田の追っかけといい、親しくお付き合いし心酔している花岡節を12年も聞かされていると、ジミー時田をそれほどは知らなくともカントリーのファンの隅っこにすっかりぶら下がってしまった。
何よりも、ヘンリー矢板の歌に参ってしまった。
ヘンリー矢板

そんなカントリーからの12年間の刺激もあったのだろうか、ここへきて私のジャズへの接し方が変わり、ニューオーリンズ・スタイルに一層魅かれるようになったのは━
こんな言い方は無いだろうが、ニューオールリンズ・ジャズもカントリーも、スローフードならぬアメリカ南部のスローミュージック的魅力なのかもしれない。

そんなこんなで、今年の「花岡詠二プレゼンツ“第12回ジミー時田メモリアル『ヘンリー焼いたディキシーブルースを歌う』”」は、いつになく味わいながら聴いた。
それにしてもいつもながら思うことだが、これだけのメンバーでのコンサートがよくぞできるものだと、感心してしまう。
まずそのメンバーをご紹介すると━
ヴォーカル ヘンリー矢板・ゲスト吉沢 紀子
F.E.ウェスターナーズ
 スチール・ギター 大江 俊幸
 リード・ギター  北農 英則
 フィドル     高野 秀臣
 ベース      小宮山 隆
 ドラム      野呂 尚史
花岡詠二ディキシーランプラーズ
 クラリネット、サックス&ピアノ 花岡 詠二
 トランペット   下間 哲
 トロンボーン   苅込 博之
ギター      佐久間 和
バンジョー    青木 研
ベース      加藤 人
ドラムス     楠堂 浩己

第1部
Your Cheatin’ Heart
Lonsome Whistle
Columbus Stockade Blues
Send Me The Pillow That You Dream On
He’ll Have To Go
Under The Double Eagle
The End Of The World
It’s A Long Way To Tipperary
Seven Lonely Days
Carry Me Back To The Lone Prairie
Vaya Con Dions
Mind You Own Business
第2部
Goody Goody
Where The Boys Are
Laid Back’n Low Key
The Dance
How ‘Bout Them Cowgirls
Dueling Banjos
She’s Gone Gone Gone
Peach Picking Time Down In Georgia
Orange Blossome Special
I’m So Lonsome I Could Cly
Mississippi Delta Blues
That’s A Plenty
Country Roads
終始懐かしさに包まれていた。
それにしてもヘンリー矢板の歌はいい…
Delta 4

ところでニューオーリンズ・スタイルで最近頓に聞き耳を立てているのが「Delta4」(クラリネット後藤雅広、ピアノ後藤千香、バンジョー青木 研、ベース小林真人)。
とはいうものの、彼ら一人一人の、あるいはほかの編成での演奏はよく知っているが、「Delta4」としての生の演奏はお恥ずかしい話だが聴いたことがない。CDだけである。
この2~3日中には聴けるから、楽しみだ。「Delta4」については、また改めてご紹介したいと思う。

どうやら最近、少し引いて聴くことを知ったのかもしれない。そう、遠くを聴くとでもいおうか…楽しみが益々増えそうだ。

※文中、敬称を略させていただいています。
※第12回ジミー時田メモリアルの写真は友人よりの提供によるもの。
スポンサーサイト

| カントリー | 15:08 | comments:0 | trackbacks:2 | TOP↑

≫ EDIT

春は、カントリー & ディキシーに乗って‥

もう11年にもなる。3月のこの時期、カントリー & ディキシーコンサートを聴き始めてから━
いや正確に言うと、あの偉大なるカントリー・ミュージシャンのジミー時田が亡くなって(2000年3月10日、享年63才)、その翌年から親しくしていたクラリネットの花岡詠二(本人は追っかけだったと言う)が『花岡詠二プレゼンツ ジミー時田メモリアル「カントリー & ディキシーコンサート」』と銘打って、やはりジミー時田が大変気に入っていたと言うカントリー・ミュージシャン ヘンリー矢板を中心に、ジミー時田の祥月の3月に毎年行っているコンサートを聴き始めてから。
そう、だからジミー時田が亡くなってから、もう11年にもなるのである。早いものだ。
F.E.ウエスターナーズ & 花岡詠二ディキシーランプラーズ

このコンサートは実に楽しい。面白い。勉強になる。
取り立ててカントリーが好きだったわけではないが、11年にわたってこのコンサートに顔を出しているうちに、いろいろなことを知った。
アメリカ移民の歴史と共にカントリーの起こりからその変遷。ブルーグラスのこと、そしてジャズとの接点。さらにロックンロールのことなど‥
ほぼ花岡詠二ワンマンショー的ではあるが、それはそれでいい。カントリーやジャズに限らず音楽はこうやって楽しむといいよ、とばかりに音楽への接し方楽しみ方を教えてくれている。

花岡詠二本人も言っている。いつまでもだらだらやっていて‥もうすぐ終わりますから‥これはこのコンサートに限らず、彼の口ぐせでいつのコンサートも確かに長い、がこれは彼がプロでありながら、いい演奏をすればいいと言うことだけでは済ませられない音楽を面白がっている、コンサートを面白がっていることの現われだと思う。
そんな彼の音楽の、ジャズの面白がり方が、我々ファンにジャズの楽しみ方をさらに広く深くしてくれるのだと思う。

曲数も多いが曲間の話も長い。が、どこにでも出ているような通り一遍の話ではなく、ミュージシャンとしての眼から、あるいは感覚からの話は興味深い。
かなりのファンといえども、曲を、演奏を外から聴いたり観たりするより手がないわけだから、そんな花岡詠二の話は面白い。
いいメンバーでいい演奏が数多く聴けて、そんな話が聞かれるのなら、コンサートは長くなっても仕方がない。と言うより、大歓迎である。(ただあまりに長いと尻が痛くなって座っていられなくなるのが辛い。)
吹いても、しゃべっても止まらない、好きで好きでしょうがないオッサン、なのである。できることなら見習いたい、そうなりたいものである。

話をコンサートの中味に戻す。
このコンサートのオープニングは毎回、ジミー時田が好きだったと言う誰もが良く知る「星の夜」。賛美歌の「What A Friend We Have In Jesus」である。
いつもは1コーラス目はスローで、2コーラス目からアップ・テムポになるのだが、今年は1コーラスだけで、サビからアップテムポにして終わらせてしまったのは残念。
個人的にはこの曲の何とも言えない感慨が、このコンサートを象徴しているように思えるので、私は残念至極だった。
ヘンリー矢板

そしてヘンリー矢板の登場。ハンク・ウイリアムズの「You Win Again」と「Pan American」。
11年前に初めて彼の歌を聞いたときには驚いた。前述のようにカントリーにはまったく詳しくないとは言え、こんな風に歌える歌手が日本人にいるとは知らなかった。
カントリー独特の鼻に篭らせ響かせる歌い方と、どことなく土の臭いのするファルセット。一辺で好きになってしまった。
一部は花岡詠二ディキシーランブラーズの演奏と、そこへヘンリー矢板の歌が加わると言う構成。
ディキシーランブラーズの演奏はメンバーの顔ぶれをみても悪かろうはずがない。そしてヘンリー矢板の歌である。できればお好きな方は是非聴いてみて欲しい。
あの11年前、ほとんどが初めて聴いた曲にも関わらず、何だか懐かしさえ覚えた。
そうだ、2年ほど前のこのコンサートを収録したCD(Tribute to JIMIE TOKITA 『MISSISSIPPI DELTA BLUES』)があるはずだ。ヘンリー矢板のHPで確かめてみるといい。サンプルも聴けるはずである。
この日の一部で面白かったのは、花岡詠二がテナーを持っての「Battle Of New Orleans」。これは確かズーッと昔にグラミー賞をとった曲で何となく覚えているが、花岡詠二のはしゃいだテナーがなかなか良かった。こういうところが、音楽を面白がっているところだろう。

第二部は、突然「森はじめと昔少年団」なる3人組のフォークグループが登場。
もちろんプログラムには無く、花岡詠二のお付き合いの中からのユニークなミュージシャン(というか芸人?)が登場し、4曲演奏した。これがまた滅茶苦茶面白い。機会があったらもう少し聴いてみたい。
この辺も前述の面白いところの一つである。以前などは、ジミー時田と親交のあった噺家の立川談志が突然登場し、小噺をやって帰るなど、花岡詠二の面白がりの姿勢がハプニングになって現れたと言ってもいいだろう。
その後、ヘンリー矢板が常に一緒に活動しているファー・イースト・ウエスターナーズの演奏と、さらにディキシーランブラーズとの合同演奏である。ここではギターを抱えた花岡詠二も観られる。
フィドル(ヴァイオリン)とスチールギターが加わるファー・イースト・ウエストターナーズの紹介も、いずれ改めてしたいと思う。
花岡詠二2花岡詠二1

最後はお馴染みの「Jambalaya」、「Mississippi Delta Blues」とつづいて、「I Saw The Light」で幕を閉めた。
午後3時から2時間40分。大きく背伸びをして、弱い春の黄昏の中に浮かぶ東宮御所の木々を眺めながら、赤坂見附の駅までをブラブラそぞろ歩き帰るのも、このコンサートの楽しみの一つである。
私にとって本格的な春は、この「ジミー時田メモリアル」から始まる。来年は3月10日だそうだ。
※敬称は略させていただいています。


出演メンバー

ヘンリー矢板(vo)
●F.E.ウエスターナーズ
大江俊幸(st.gui)
北農秀則(gui)
高野秀臣(fidd)
小宮山 隆(b)
●花岡詠二ディキシーランブラーズ
花岡詠二(cl, sax & pf)
下間 哲(tp)
苅込博之(tb)
佐久間 和(gui)
青木 研(banj)
加藤 人(b)
楠堂浩己(dr
●森はじめと昔少年団

| カントリー | 17:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。